鉄道経営

 大手私鉄の中にはかつてプロ野球の球団を保有していたところが少なくありません。現在でも西武ライオンズは西武鉄道と、阪神タイガースは阪神電鉄と関係していますね。ただ、球団を手放した鉄道会社(やグループ会社)は少なくありません。そこで、鉄 ...

鉄道経営

 若者のクルマ離れが進んでいるようです。自動車に憧れる若者が減っただけでなく、運転を面倒に感じたり、自動車の購入や維持管理・免許取得等にかかる費用を敬遠したりするケースがあります。家族の人数が減って自動車を利用するメリットが薄れている ...

鉄道経営

 経営状態が厳しい鉄道路線が日本にも数多く存在します。そもそも鉄道は線路設備や車両などにかかる固定費負担が重く、同時に大量の人員を輸送することで採算がとれるビジネスモデルです。利用客が少ない地方には適していないと言えるでしょう。

鉄道経営

地方部の鉄道はJR、私鉄ともに厳しい経営状態となっているところがほとんどです。沿線人口が中長期的に減少を続けているほか、車両や線路設備の老朽化にかかるコスト負担が着実に増えていくからです。沿線地自体も地域の足を維持するために補助金を支 ...

鉄道経営

 鉄道各社は主要路線であっても利用者が減少すれば容赦なく減便を行っています。減便を行えば結果として車両が余ることもあるでしょう。

 もちろん、更新時期が来た車両をそのまま引退させるケースもあります。新車両を整備せずともよい ...

鉄道経営

 大阪市営地下鉄が民営化に向けて動き出しています。東京では都営地下鉄があるものの、東京メトロが存在しています。大阪では地下鉄路線網全体が民営化されるわけですから、ある意味東京よりも先進的な取り組みと言えるでしょう。東京はメトロと都営の ...

鉄道経営

 最近、電車の込み具合が激しくなってきた、と感じている人もいるのではないでしょうか。日本では人口減少が進んでいることや、鉄道ダイヤの質が上がっていることなどから、列車の混雑率は低下傾向にあります。それにも関わらず車内の混雑が気になるの ...

鉄道経営

 鉄道会社は運輸ビジネスだけでなく、多様な事業を行っています。事業の多角化を進めることで沿線人口減少に対応しつつ、輸送人員の維持にも努めているのです。

 これまで鉄道会社が行ってきた事業を見てみましょう。

 ま ...

鉄道経営

鉄道ファンは時折、時刻表を眺めます。先日、時刻表を眺めていて改めて感じたことは、複々線の素晴らしさです。複々線区間では非常に大胆な通過が行われているからです。

単純に考えれば、複々線区間では、複線と比べて運行本数を倍にする ...

鉄道経営

鉄道業界では、人口減少に伴う乗客減が懸念されています。都市部の路線を中心に訪日外国人観光客の取り込みで乗客数が上向いているところもありますが、いつまで訪日客の需要が続くかは不透明です。そのため、鉄道各社は不動産事業など、事業の多角化を ...