鉄道経営

JR九州が「ななつ星」という豪華列車を投入し、大きな話題となりました。豪華列車の乗車価格は高いものの、リタイア後の富裕層などを中心に高い人気を誇っています。乗車のためには高倍率の抽選に当選する必要があり、さらに人気に火をつけていると言 ...

鉄道経営

鉄道各社では、路線の廃止や減便が進められています。人口減少が進み、特に地方部では過疎化が深刻になっていることから、当然の減少と言えるでしょう。地方創生のためにも鉄道を残してほしい、という沿線自治体の希望は理解できますが、鉄道会社も収益 ...

鉄道経営

JR北海道では、赤字体質が続いています。赤字路線が多いことから、大幅な路線廃止を提案していますが、沿線自治体からの反発は強いです。

もともと北海道は広大な土地に人口が散在していますから、鉄道網で交通ネットワークを築くことは ...

鉄道経営

地方の鉄道会社の多くは、経営状態が極めて厳しいです。観光客の呼び込みに取り組んでいる会社も少なくありません。しかし、観光客数の増加は一時的なものであり、中長期的に鉄道の経営を支えるには不十分と言えるケースが大半です。やはり沿線人口の減 ...

鉄道経営

日本国内では人口減少が進んでいます。そのため、鉄道会社はどうしても旅客輸送量が減ってしまうという課題を抱えています。不動産ビジネスなど、事業の多角化を進める鉄道会社が多いですが、やはり本業と言える鉄道輸送ビジネスで一定の利益を確保した ...

鉄道経営

兵庫県には、「神戸高速鉄道」があります。その名の通り神戸市エリアに路線を持っていまして、阪神線や阪急線、山陽線との直通列車が数多く走っています。この「神戸高速鉄道」ですが、別に特に高速なわけではありません。むしろ多くの直通列車が神戸高 ...

鉄道経営

関西私鉄は多くの輸送力を有しています。とはいえ、車両数に着目すると、最大でどのくらいの輸送力があるのかは、鉄道会社によって異なると思います。そこで、今回は関西大手5私鉄のうち、車両数の違いが分かりやすい近鉄、京阪、阪神の3社の車両数に ...

鉄道経営

鉄道会社の多くは事業の多角化を行っています。不動産開発事業やホテル事業のほか、駅ナカ施設を中心とする小売事業など様々な事業に取り組んでいます。その中でも、鉄道と同じ交通系の事業として、バス事業を保有している鉄道会社が少なくありません。 ...

鉄道経営

鉄道会社の中には、鉄道以外の事業で大きな利益を上げているところが少なくありません。当初は沿線開発によって住民や観光客を増加させることを狙った事業でしたが、現在では鉄道事業の赤字を不動産事業で補っている鉄道会社さえあるくらいです。では、 ...

鉄道経営

鉄道の運賃をICカードで支払う人が増えるにつれて、紙製の切符の発行枚数が減少しています。かつては旅の記念としての楽しみもあった紙製切符が減少することで、どのような影響が出るのでしょうか。

まず、鉄道会社は券売機の設置台数を ...