関西私鉄コラム

鉄道車両には種別幕がついています。種別とは、「普通」、「急行」、「快速」といった列車の速さ(停車駅)を表す言葉です。列車の前面や側面に標示されていることが多いですよね。最近ではLED表示が増えてきていて、「幕」というイメージが減りつつ ...

関西私鉄コラム

阪神なんば線の開通によって、近鉄と阪神で直通運転がなされるようになりました。今では、近鉄奈良から神戸三宮まで直通列車が多数運転されています。実際に乗車してみると、近鉄と阪神の分かれ目である大阪難波駅をまたぐ形で乗車する客が一定数おり、 ...

関西私鉄コラム

私も時折仕事で利用する近鉄特急ですが、2016年に塗装変更された車両を多く見かけるようになりました。もともとの塗装がなじみ深かっただけに、まだ違和感を強く持っています。前の塗装のほうが特急らしかったような...というのが正直な感想です ...

関西私鉄コラム

近鉄電車は、「しまかぜ」などの観光特急を走らせていますが、新たに「青の交響曲(シンフォニー)」が観光列車の仲間に加わります。全国的に観光列車を収益源とする鉄道会社が多い中で、近鉄も観光需要の取り込みに積極的ですね。

さて、 ...

関西私鉄コラム

大阪市営地下鉄は、運賃体系の見直しなど、利用者にとっての利便性や公平性などを確保するための取り組みを適宜行っています。その大阪市営地下鉄に、民営化案が出ています。東京では都営地下鉄のほかに民営の東京メトロが存在することから、民営の地下 ...

関西私鉄コラム

私がよく利用する路線の1つに、近鉄京都線があります。近鉄京都線は大和西大寺(奈良県奈良市)と近鉄京都を結ぶ路線です。途中に住宅地が多数あることから、通勤・通学需要が旺盛な路線です。奈良と京都を結ぶ路線は近鉄のほかにJR奈良線があります ...

関西私鉄コラム

関東に比べ、関西のJRでは古い車両が多くみられます。東海道線などには比較的新しく高性能な車両が見られる一方で、利用者が多い路線でも大阪環状線をはじめとする低速区間では、国鉄時代に製造された車両が大活躍しています。鉄道ファンからすれば古 ...

関西私鉄コラム

関西に住んでいると、JRと近鉄の違いを感じることが多くあります。もちろん、会社が違うので差はあるのは当たり前なのですが、ダイヤの組み方に関しても大きな違いが感じられます。小さな私鉄と、広大なネットワークを持つJRだと、列車の運転区間の ...

関西私鉄コラム

現在、東海道本線の支線(吹田貨物ターミナル~新大阪駅~福島駅)のうち、約2.4キロの地下化工事が進められています。完成は2023年。一体、関西の輸送体型、特に関西空港へのアクセスはどのように変化するのでしょうか。今回は、そのあたりを大 ...

関西私鉄コラム

一時期は私鉄や地下鉄で採用された5扉車。しかし、近年、次々と五扉車が姿を消しています。その中で、頑固に残っているのが元祖、五扉車の京阪5000系。今回はひたすら地味な役回りに徹する京阪5000系にスポットを当てたいと思います。 ...