福井の鉄道―えちぜん鉄道―

2017年12月26日

福井の鉄道―えちぜん鉄道―

我らが関西地方の北隣に位置するのが福井県です。福井県には魅力的な私鉄が2つあります。それが、えちぜん鉄道と福井鉄道です。今回はえちぜん鉄道について書きたいと思います。

えちぜん鉄道は福井駅から勝山方面とあわら温泉から三国港に至る線があります。成り立ちはとてもユニークで、2003年に京福電気鉄道から引き継ぐ形で誕生しました。

私は京福時代とえちぜん時代、計2回乗車しています。1回目は小学校3年生、法事で永平寺に行くために祖母と一緒に乗りました。最初に乗った時の印象は強烈に覚えています。まず、たった1両編成の車両に驚きました。そして、車内は予想以上に混雑しています。「こんなに乗るなら、2両つなげればいいのに」とボヤいていました。また、ワンマンの車内放送が気になりました。「次は越前開発、越前開発、お降りのお客様は1番前の扉からお願いします」と流れます。子供心に「何をお願いすればいいのだろう」とふと思いました。

さて、東古市駅(現 永平寺口)から、今は無き永平寺線の車両に乗り換えました。ここから、永平寺まで行きます。永平寺行きの車両はものすごく古かったです。シートが少し剥がれ、黄色い詰め物が露出しています。おまけに、発車の時に一瞬バックしてから進みだすのです。「恐ろしい電車だなあ」と少し恐怖心を持ってしまいました。この時は、数年後に乗車した車両が故障により、大事故を引き起こすとは思ってもみませんでした。

それから、数年が経ち、高校時代にえちぜん鉄道になった同線を乗ることに。駅や車両は綺麗にリニューアルされており、京福時代とは大きく異なっていました。また、アテンダントと呼ばれる女性車掌が乗務しており、鉄道を大切にする気持ちが伝わってきました。しかし、放送は更新されていました。「1番前の扉からお願いします」あの、懐かしい京福時代の放送を何としても聞きたい。そのようなマニアックな想いを持っている今日、この頃です。