富山地方鉄道の誇りある特急

2017年12月26日

富山地方鉄道の特急

北陸地方には魅力ある私鉄路線が数多くあります。その中で、最大規模を誇るのが富山地方鉄道です。富山から魚津を経て宇奈月温泉、富山から立山への路線が屋台骨になります。また、富山市内の路面電車も走らせています。富山地方鉄道は地元では「地鉄」と呼ばれています。何かオリジナリティーが溢れて良いですね。車両でもオリジナルが多く、富山駅で車両を眺めているとなかなか楽しいです。

さて、私が地鉄に乗車したのは小学校5年生の時です。まず、富山駅から宇奈月温泉に向かうために、地鉄が誇る特急「うなづき号」に乗車しました。この特急には立派な名前が付いており、特別料金が必要です。さらに、指定席も用意されています。

車内に入ると驚きました。座席のグレードが新快速や京阪特急と同じなのです。「これで、特急料金が必要なのか」と思いました。さらに、指定席が存在するにも関わらず、自由席もガラガラだったので、これにもショックを受けました。

そんな想いを抱きながら始まった地鉄の旅ですが、なかなか楽しかったです。美しい山々を眺めながら、電車はどんどん小駅を通過していきます。想像以上に快走を続けるので「特急らしい走りだな」と感心しました。ただ、心配だったのは特急停車駅でも乗降客が少なかったことです。昼間とは言え、あまりにも乗客が少ないのです。そのようなことを思いながらも、列車山々を縫いながら走り、宇奈月温泉駅に到着。なかなか、立派な駅でした。

翌日、宇奈月温泉から立山までの特急「アルペン号」に乗車。こちらは全車指定席の4両編成。昨日と違い、なかなか立派な姿です。車内は昨日とは異なり大入り満員。多くが立山からアルペンルートを目指す観光客でした。昨日の状況を知っていたので少しホッとしました。また、この特急はノンストップ。快走は変わりなく立山まで楽しく旅ができました。

今年に入り北陸新幹線が開業。新幹線と地鉄の交差点に新しい駅ができました。もちろん、新幹線から地鉄に乗り換えることができます。これを機会に乗客が増えることを期待しています。