西武池袋線でいろいろ考える

2017年12月26日

西武池袋線

親戚が埼玉にいる関係で、西武池袋線を利用する機会が多いです。西武池袋線は池袋から所沢、飯能を経て吾野まで行きます。西武池袋線の最大の特長は種別が多いことです。特急、快速急行、急行、通勤急行、快速、通勤準急、準急、普通。もう何が何だかが分かりません。さらに、阪神と同じように「千鳥式運転」を採用しています。例えば、通勤急行は急行が通過する大泉学園には停車しますが、急行が停車するひばりが丘には通勤急行は停まりません。ですから、普段利用しない私にとって、趣味としては楽しいですが、実際に利用する際には、難易度の高い路線なのです。

池袋から入間市まで行く時に、電光掲示板に目を通しました。快速、急行、準急、一体どれが一番早く着くのか、全く分かりません。そこで、駅員に尋ねてみました。すると、駅員は背を向け、30秒くらい考え込んでいました。そして言いました「この快速が先に到着します」複雑なダイヤのせいで駅員さんも大変ですね。

ただ、西武池袋線は目に見える形で「進化」しています。その「進化」を感じられるのが楽しみなのです。最近ですと、西武、東京メトロ、東急との相互直通運転の開始が挙げられます。埼玉県から横浜へ一本で行ける画期的なプロジェクトです。

この相互直通運転のプロジェクトを体験するために、新幹線の接続駅である新横浜から菊名に移動し、菊名から特急に乗りました。まず、西武の車両が東急の線路を走っていること自体が新鮮。また、西武の一般車両による「特急」表示もマニア心をくすぐります。なぜなら、西武では「特急」は有料特急なので一般車両が「特急」を名乗ることはないからです。まるで、一気に飛び級を果たした優等生みたいです。

この「特急」は東京メトロでは「急行」西武では「快速急行」になります。少々、複雑ですが、ずっと乗る分には問題ありません。神奈川県から埼玉県まで快適な旅ができました。

強いてあげるなら、もう少し速度が上がればいいのですが。これも直に実現することでしょう。