日本の鉄道をふと考える

2017年12月26日

日本の鉄道をふと考える

今まで様々な視点から日本の鉄道に関して書いていきました。今日は日本の鉄道を全般的に考えてみたいと思います。

日本の鉄道を語る上でまず外せないテーマは「新幹線」でしょう。今年の春には北陸新幹線が開業しました。来年の春には北海道新幹線が部分開業する予定です。一方、新幹線に並行する在来線はどんどん第三セクターに変わっています。確かに、関東圏と地方との移動時間が短縮され、観光やビジネスには大きなプラスになるでしょう。しかし、普段使う鉄道は第三セクターになり、料金が値上げになった地域もあります。果たして、現在のやり方で新幹線が本当に「地域振興」につながるのか。少し疑問に思います。

二つ目は寝台列車の廃止です。個人的には、旅人と気軽に触れ合える寝台列車の廃止はとても寂しいです。また、旅行が持つ「ロマン」が失われるような気がするのです。早朝、カーテンを覗くと、知らない駅の駅名板が見えた時は、ものすごくドキドキします。あれが体感できる機会がドンドン減っていくことを考えると、旅行に対する見方も変わるかもしれません。もしかすると、寝台列車の持つ「ロマン」を背景にした小説などは遠い過去の話になるかもしれません。旅行文化の観点からも、はジェネレーションギャップ拡大するでしょう。

三つ目はJR九州の頑張りです。悪い話題だけではありません。良い話題もあります。その代表格がJR九州の頑張りです。具体的に述べると、ローカル線に観光列車を次々と誕生させていることです。従来、ローカル線は古い車両で本数が少ない、というイメージが持たれてきました。そして、地元の乗客には愛想つかされ、ローカル線の廃止につながりました。しかし、JR九州はそのようなローカル線の常識を覆そうとしています。つまり、観光列車を走らせることで、路線の魅力を向上させようとしています。これで、観光客を呼び込もうとしているのでしょう。ぜひ、成功させて欲しいです。

年々、鉄道は変わっていきます。しかし、ここ1~2年で日本の鉄道は大きな変動が来ていると思います。どのように変化するのか、興味を持ちながら注視したいと思います。