羽田空港VS成田空港のアクセス

2017年12月26日

羽田空港で働く (ANAエアポートサービスのすべて)

今回は羽田空港と成田空港のアクセスを比べることにしましょう。これを書く理由は一つの疑問から。先月、ヨーロッパから帰国した際、羽田空港と成田空港、果たしてどっちが便利か、ふと疑問に思ったからです。そこで、都心の主要な駅から両空港へのアクセスを見比べてみましょう。なお、公平に計測するために、いずれもお昼の12時発とします。

東京駅

まずは、東京の玄関駅、東京駅から見ていきましょう。成田空港へは最短で55分となります。ご存知、成田エクスプレスで一直線です。ただ、成田エクスプレスには特急券が必要となります。特急券を合わせると約3,000円です。特急を使わない場合は、船橋で京成線に乗り換え、90分で約1,100円となります。ただ、JRから京成への乗り換えが面倒だと思います。

羽田空港へはJR山手線、浜松町で東京モノレールへ乗り換えとなります。約35分、約640円です。

確かに距離の観点から、羽田空港の方が、料金、早さとも優っています。ただ、JRから東京モノレールへの乗り換えは楽ではありません。それを考えると、成田空港の乗り換えゼロは魅力的です。外国人観光客、お年寄りは乗り換えゼロの成田空港の方がいいかもしれませんね。

新宿駅

次に大ターミナルの一つ新宿駅からのアクセスを見てみましょう。成田空港へは東京駅まで出て、東京駅から成田エクスプレスが最短ルートとなります。乗り換え1回、約1時間25分、料金は約3,200円となります。特急を使わないルートは、新宿から地下鉄新宿線に乗り、本八幡で下車。京成八幡から京成に乗り、成田空港です。料金は約1,100円。時間は1時間40分、乗り換えは同じく1回。成田エクスプレスと比較するとコストパフォーマンスに優れていることがわかります。

羽田空港へのアクセスは少々面倒です。新宿から山手線で品川まで出て、そこから京急線に乗り換えです。何が面倒かと言うと、あの混雑する山手線に20分も乗らないといけないことです。乗り換え1回、約1時間、約600円です。

料金から考えると、もちろん羽田空港の圧勝。ただ、所要時間は距離の割に成田空港も健闘していますね。

いかがでしたか。このように見ると、意外と成田空港が健闘しているなあ、というのが正直な感想です。羽田空港はモノレールへの乗り換えがマイナスポイントですね。ただ、羽田空港は心理的には都心に近く感じますが。次回は北の玄関口、池袋駅と上野駅、大宮駅で比べてみましょう。