JR奈良線という線

2017年12月26日

JR奈良線 京都~奈良~京都 (Blu-ray Disc)

今回はJR奈良線を取り上げます。「奈良線」と書いてあるので、「奈良市内で完結する線かなあ」と思っていました。しかし、そうではありません。JR片町線の接続駅である木津から京都までの34.7kmの路線です。「奈良線」と書いておきながら、奈良まで到達していないのです。と言っても、全列車が関西線に乗り入れて、奈良まで行っていますが。話が長くなりました。JR奈良線を見ていくことにしましょう。

昭和62年の時刻表を見ると、いかに奈良線がローカル線扱いを受けてきたか、よく分かります。京都発で全て普通電車。奈良止まりの列車もあれば、日中を中心に桜井線の桜井まで足を伸ばす電車もありました。この時に使われた車両は105系と113系。いずれも、現在でも使われている車両です。奈良線のライバルは近鉄京都線。しかし、昭和62年当時は、近鉄京都線に全く歯が立ちませんでした。近鉄京都線は複線で特急や急行などの優等列車が走っていたからです。

しかし、JRになってから、奈良線は大きく変身したのです。もしかすると、JRになって一番変化した路線ではないでしょうか。まず、京都から奈良まで走る快速電車を走らせました。それも、「みやこ路快速」というしゃれた名前に。しかも、車両は従来の113系ではなく、JR西日本のエース221系。「みやこ路快速」のおかげで奈良線のイメージがよくなったのです。私が乗ったときは、地元客はもちろん、観光客も多数、乗っていました。やはり、京都から奈良まで直通で行けるのが魅力ですね。複線化工事も少しずつ進んでいます。まだ、奈良方は単線区間も多いですが、京都方は複線区間がどんどん伸びています。もちろん、列車の本数も大幅に増加。現在では「みやこ路快速」も含めて、京都発の本数が1時間に6本となっています。

私は京都から桜井、和歌山方面に抜けるために奈良線に乗りました。先ほど書いたとおり、「みやこ路快速」に乗ったわけです。その時は、「都落ち」した221系が奈良線の快速になっている姿を見て驚いたものです。車窓は平凡なもので、よく覚えていません。ただ、奈良方の単線区間に入ると、ポイントに進入する度にスピードが落ちるので「新快速とは異なり、スローだなあ」ということはよく覚えています。それでも、ふかふかのクロスシートで快適な旅でした。

おそらく、新たな優等列車も作らず、このまま事態が推移するものと思われます。巷ではJR京都線との直通運転も計画されていますが、おそらく実現しないでしょう。