京阪京津線

2017年12月26日

鉄道むすめ ~鉄道制服コレクション~ 石山ともか 京津線 夏服バージョン クリアファイル

今回は、京阪京津線を取り上げます。現在は浜大津から地道を通り、京都市営地下鉄東西線に乗り入れています。普通の4両編成の電車が路面電車のように、堂々と地道を走る路線で有名です。しかし、今回取り上げるのは現在の京津線ではなくて、京都市営地下鉄が開業する前の京津線を取り上げたいと思います。

1997年の京都市営地下鉄東西線以前の京津線は現在よりも、もっとユニークな路線でした。京阪三条から浜大津まで路面電車スタイルで運行されていたのです。ただし、純粋な路面電車区間は途中の四宮まで。四宮までの各駅は路面電車の電停スタイルなので、それに対応した電車が走っていました。それが、丸っこい形をした80系です。スマートな京阪電車にはちょっと似つかわしくない、けど愛嬌のある姿でした。ステップは走行時にはスマートに収納し、駅に着き扉が開くと同時に、ステップが出る仕組みになっていたのです。そして、ゆっくりした速度で「ヴォーン、ヴォーン」という独特の警告音を出しながら走っていました。残念ながら、1997年の路線短縮により全車廃車になってしまいました。

一方、四宮以降は普通の駅ですからステップは邪魔になってしまいます。そこで、浜大津行きの電車は「準急」として、三条から四宮まではノンストップで走っていました。もちろん、ステップなしの普通の電車です。それを任されたのが700系と600系です。先ほど紹介した80系とは異なり、京阪らしいスマートな車両です。「ノンストップ」とは書きましたが、車が次々と線路に侵入するためにスムーズな運転はほとんどできませんでした。そのため、普通電車とさほど時間差はなかったのです。

私は祖母と一緒に昔の京津線に乗ったことがあります。残念ながら、「準急」「普通」どちらに乗ったか忘れてしまいました。いずれにせよ、多くの車が線路に侵入するのでなかなか進みません。見ているこちらとしては、電車と車が衝突しないか「ヒヤヒヤ」します。そこは運転手の腕の見せどころ、のらりくらりと走る運転技術に感心していました。

さて、京都市内の路面電車区間は廃止され地下鉄になりました。改めて、京津線が走っていた場所(東山三条)を歩くと「こんな狭いところに電車が走っていたのか」と驚きました。もちろん、今でも道路は車で混雑しています。これですと、地下に潜るのは仕方がないかもしれません。それでも、京都を走る路面電車がまたなくなったことに、寂しさも感じてしまいます。