JR後に誕生した様々な地域色

2017年12月26日

パネルワールド 専用車両 113系 湘南電車

数年前に、昭和時代に出版された鉄道模型のレイアウトに関する本を読んでいました。そこである違和感がありました。レイアウトに展示されている車両が全て同じ色だったのです。具体的に書くと、全て国鉄色だったのです。特急電車や急行列車ですと、クリームと赤。または、オレンジ色と緑色の「湘南電車」。客車ですと青色だったわけです。そう考えると、JR化後は様々な塗装パターンが登場しました。今回はJR化後の塗装パターンについて見ていきたいと思います。

JRが発足して、しばらくは独自の統一したイメージカラーがなかったので、様々な塗装が生まれました。もちろん、センスがいいものもあれば「?」が浮かぶ摩訶不思議な塗装もありました。その中で一番好きな塗装が兵庫県の加古川線を走っていた気動車の塗装「加古川線色」です。背景は加古川をイメージしたエメラルドグリーンに白線を引いた塗装になりました。ワンマン化後はドア部だけオレンジ色になりました。実際に、私はこの加古川線色を見ましたが、落ち着いた塗装でしたので、一目で好きな塗装になりました。加古川線は後に電化され、都市のど真ん中で働いていた103系が投入されました。103系にも、気動車時代の加古川線色に似た塗装が施されました。これも、本当に落ち着いた塗装です。JRというよりは私鉄の電車に見えます。

一方、「?」と思える塗装は、JR直後に「あずさ号」専用の塗装です。背景は白色。そして、窓に緑色と赤色の太線が引かれていました。どうも、緑と赤との組み合わせが合っていないように思えます。また、特急電車なのにスピード感も感じません。ただ、私は写真や動画でしか見たことがないので、実際に生で見ると、どんな感じだったのでしょうか。残念ながら、こちらの塗装は長続きせず、すぐに塗装変更されました。おそらく、「?」と思った方が多かったのでしょう。

最近は、奇抜な塗装が見られなくなり、JR西日本に至っては、コストダウンのために単色化されています。阪急電鉄のマルーンカラーのように伝統のある色ですと、単色でもいいと思います。ただ、コストダウンという理由だけで単色にするのは、何だか淋しいと思います。

塗装は鉄道会社が提供するサービスの一つだと思います。どうしても目立ちますし、塗装を通じて、その鉄道会社のセンスがよく分かります。これからも、塗装には注目して列車を見ていきたいですね。次は私鉄の塗装も語りたいと思います。