個性のある湖西線

2017年12月26日

鉄道アーカイブシリーズ 湖西線・北陸本線の車両たち [DVD]

今回は、滋賀県を走る湖西線を取り上げたいと思います。関西から北陸を結ぶ特急に乗ると必ず通るのが湖西線。特急ですと、全くも気にもかけない線ですが、ローカル列車に乗ると「個性」をたくさん見つけることでしょう。それでは、早速、見ていきましょう。

湖西線は京都駅のお隣の山科から琵琶湖の西側を通り、北陸線と接続する近江塩津までの74.1キロの路線です。開業は1974年と、周りの路線と比較すると、とても若い路線なのです。もともと、関西と北陸を結ぶバイパス線として建設されました。ちなみに、湖西線と併走して走っていた江若鉄道は湖西線の建設と引き換えに廃止されました。

まず、湖西線の「個性」、一つ目は高架線で踏切がないことです。先ほど、書いたとおり、湖西線はバイパス線の役割を果たしているため、多くが高架線なのです。高架線は都会の風景にはマッチしていますが、田舎の風景には全くマッチしていません。もちろん、湖西線の大半が典型的な田舎なので、マッチはしていません。ただ、その「マッチしていない」というのがおもしろいのです。おまけに、ピカピカの特急「サンダーバード」が走るわけですから。

二つ目に、駅が立派なわりにお客さんが少ないことです。高架線ですから、当然、駅も立派な高架駅です。しかし、お客さんが本当に少ないのです。12両編成も止まれる長いホームにはお客さんがポツリ、ポツリ。そこに、ピカピカの新快速が止まるわけですから、とても違和感があります。湖西線が開業したときは、今よりも、もっと本数が少なくて、地元の小学生は、ホームでローラースケートを楽しんでいたそうです。

三つ目は、元新快速の117系が高架線を爆走することです。国鉄時代の関西のスター、117系。さすがに、湖西線では「普通」として走っていますが、高架線で駅間距離が長いので100km/hオーバーのスピードを出します。乗っていると、往年の新快速を思い出します。ただ、古いモーターの音が少々やかましいですが。湖西線は比較的、新しい車両が多い中、ベテラン117系は頑張っています。少しでも長く走って欲しいですね。

四つ目は、強風でよく止まることです。これを「個性」として、取り上げていいものか分かりませんが。大阪駅にあるパネルを見ると、よく「湖西線 強風のため運転見合わせ」という文字をよく見かけます。さすがに、JR西日本も湖西線の風対策に着手したみたいです。

ともあれ、「個性」がある湖西線。特急から、ローカル列車に乗り換えて、「個性」を味わってみてはいかがでしょうか。