三木鉄道

2017年12月26日

三木鉄道

今回は三木鉄道について書きます。「三木鉄道」と聞いても、ピンとくる人は少ないでしょう。三木鉄道は兵庫県の厄神から三木まで結んでいました。厄神でJR加古川線に接続、加古川線経由で姫路、大阪方面へ出ることができました。

さて、上記の文章で勘のいい方なら気づくはず。そうです、全て「過去形」なのです。実は三木鉄道は2006年に廃止になりました。三木鉄道は第三セクターで国鉄三木線が前身になっています。三木線は乗客減によって、1981年に第一次特定地方交通線に選定されてしまいます。しかし、廃線は免れ1985年に第三セクターの「三木鉄道」に譲渡されたのです。三木鉄道になり、車両は冷暖房完備のレールバス、新駅を開業させ、サービス向上に努めました。開業当初は乗客数が増えましたが、以降は乗客減が続きました。三木鉄道の廃線を主張する三木市の市長が誕生し、2006年に三木鉄道は廃止されました。

私は小学生の時に、三木鉄道に乗りました。私が乗車した時は、初代のレールバスが引退し、立派なディーゼルカーに変わっていました。国鉄時代は加古川からの直通列車が設定されていましたが、三木鉄道になってからは直通運転が中止になっていました。ただ、あまりにも立派な車両だったので、「加古川線との直通運転が復活するのかな」と思っていました(結局、直通運転が復活することはなかったのですが)。さて、新車の匂いがする車内に入り、ゆっくりと発車。ただ、私をいれて3人くらいしかお客さんがおらず、廃線の危機を肌で感じることができました。列車はゆっくりと播州平野を進んでいきます。ただ、平野でまっすぐの線路なので、余計に遅く感じます。また、併走する自動車がビュンビュン、私たちの気動車を追い抜いていきます。いくつか途中駅に止まるのですが、全く乗降客がありません。開業後にせっかく駅を作ったのにも関わらず。そして、厄神駅から十数分で三木駅に到着しました。三木駅は堂々としており、まるで博物館のような感じです。新車導入と同時に、三木駅ではホームが新設され、ラッシュ時には30分間隔で運転ができるようになっていました。ただ、あまりにも乗客が少なかったので「ホームを増やす意味があるのかなあ」と疑問を感じざるを得ませんでした。

さて、三木駅から街の中心を通り、神戸電鉄三木駅まで歩きました。休日のせいか、街の中心にも関わらず活気がなかったことを覚えています。神鉄三木駅から新開地経由で帰途に着きました。