阪急6300系

2017年12月26日

阪急電鉄 京都線 6300系 [DVD]

関西の鉄道史を変えた名車。次に取り上げるのは阪急の6300系です。長年、阪急の「顔」として君臨し続けた車両です。阪急ユーザーとしては、あこがれの車両でもありました。それでは、阪急6300系の足跡を少し振り返ってみたいと思います。

阪急6300系は1975年から1978年にかけて京都線の特急用車両として登場しました。まず、当時としては珍しくワンハンドルコントローラーを採用。すでに、2200系で試験的に採用されましたが、6300系で本格的にワンハンドルコントローラーが採用されました。先にワンハンドルコントローラーを採用していた東京急行電鉄で阪急の運転手が訓練のために、東急の車両を運転したというエピソードも残っています。一方、車内は2扉のクロスシート。阪急独特の緑色、そして段織モケットが採用されました。このため、単なるクロスシートではなく、より豪華なクロスシートになったわけです。また、床は京都らしい小石模様になりました。いやでも京都旅行への期待が高まります。そして、6300系で驚くべきことは、1990年代まで広告が車内に掲載されなかったことです。1990年代になって広告が掲載されましたが、主に壁に張られ、車内の雰囲気を壊すことはありませんでした。阪急が力を込めた6300系は、1976年に阪急初となるブルーリボン賞を受賞しました。

私が京都に行くときは、必ずといっていいほど6300系に乗っていました。私にとって、6300系は阪急の中でも「特別な車両」でした。ライバルの京阪電車にはテレビカーの3000系が走っていました。阪急の6300系にはテレビカーはありませんでしたが、内装が豪華だったので、京阪の3000系と互角の勝負を演じたわけです。一方、国鉄の117系と比較すると、完全に6300系が勝っていました。国鉄の117系も素晴らしい車両でしたが、どこか野暮たかったのです。

阪急6300系登場の意義は京阪間の鉄道戦争を、よりハイレベルな戦いに押し上げたことでしょう。特に内装面では、日本で一番ハイレベルな勝負になったと思います。残念ながら、6300系は特急運用からは外れましたが、観光列車「京とれいん」として内装もリニューアルされています。ここでも、「内装重視」の伝統が残っています。一方、京阪電車の方も、平成に入り8000系を登場させ、「プレミアムカー」の導入も決定しました。

速度面ではJRには負けますが、京都の中心地にダイレクトで行け、値段も安い阪急電車。何とか、速度以外のサービスで頑張ってほしいものです。もちろん、末永い6300系「京とれいん」の活躍も祈りながら。