大阪環状線

2017年12月26日

トレインメジャー 大阪環状線

東京は山手線が有名ですが、大阪では大阪環状線が有名です。今回は大阪環状線について書きたいと思います。

山手線は基本的に普通列車のみで、周内運転が基本的になっています。乗る分には単純なので問題はないですが、趣味的にはおもしろくありません。一方、大阪環状線はいろんな車両が入り乱れています。まずは、普通電車。周内運転と区間運転があります。車両は相変わらずのオレンジ一色。そして、未だに昭和時代の通勤電車の代表格103系が走っています。主力は東海道線で使われた201系になっています。次に、関西本線から奈良方面に行く「大和路快速」があります。車両は「大和路快速」と命名されて以来使われている221系が走っています。私が小さい時は白色にオレンジ色の塗装をした113系も使われていました。221系と比較すると、113系はかなりボロく見えたものです。そして、「大和路快速」よりも目立つのが「関空・紀州路快速」です。関西空港と和歌山行きの快速で、日根野で関西空港行きと和歌山行きに分かれます。この電車で注意することは、関西空港行きの車両と和歌山行きの車両で互いに行き来ができないのです。ですから、関西空港に行かれる方は注意しないといけません。しばらく、大阪駅の環状線ホームに立つと、ド派手な車両が入線してくるでしょう。それは、ユニバーサルスタジオジャパン方面行きの電車です。このように、大阪環状線は「空港行き」や「USJ行き」など多種多様です。趣味的にはおもしろいですが、初めて来た方は混乱するでしょう。さらに、西九条や弁天町のホームに立つと、特急「くろしお号」や「はるか号」が見られます。ただ、大阪環状線は複線なので、通過駅がある列車もあんまり速く走れません。そして、日中においては、普通電車しか止まらない駅は15分間隔なのです。駅によって、落差が大きいのも大阪環状線の特長です。

大阪環状線の駅も独特な雰囲気があります。一昔前は、大阪環状線のどの駅も薄暗く「国鉄」を感じさせました。現在、JR西日本が必死になってリニューアルをしており、駅の雰囲気も明るくなりました。ただ、一部の駅では「差別はやめましょう」など、土地柄を感じさせる看板も少なくありません。

最後に、大阪環状線沿線で忘れられないのが「国労会館」。天満駅の近くにあります。ここで、鉄道用品の即売会が行なわれていました。この、「国労会館」は「国労の歌」のパネルが貼ってあるなど、昭和の時代を感じさせます。