名古屋鉄道「名鉄」

2017年12月26日

名古屋鉄道本線「栄生」キーホルダー

今回は名古屋鉄道、「名鉄」について語りましょう。名鉄は中京圏で唯一の大手私鉄です。愛知、岐阜県を広くカバー。現在ではJR東海とライバル関係にあります。私は名鉄に2回しか乗ったことがありません。その時の印象を基にして振り返りたいと思います。

一回目はすでに廃線になった名鉄岐阜市内線に乗った時です。岐阜市内線は一般的な鉄道線ではなく路面電車。狭い道路を赤い電車が一生懸命走っていたのです。ところが、岐阜の路面電車の線路にはどんどん車が乗り入れてくるではありませんか。実は岐阜では車が路面電車の線路に乗り入れることが許可されていたのです。そのため、電車はなかなか前に進みません。「このままだと廃止も仕方がない」と思っていたら数年後に廃止されてしまいました。全国的には路面電車復活の流れでしたので、この廃止は驚きと残念な感情が入り混じるものでした。

次に利用したのは親戚と名古屋から犬山方面に向かったとき。名鉄の名古屋駅にはひっきりなしに電車が乗り入れてきます。しかし、行き先はバラバラ。最初はどの列車に乗っていいのかわからないので立ち尽くすだけでした。そして、もう一つ驚いたのが駅の構内放送が自動放送ではなく肉声であること。それでも、よく聞き取れるのです。きっと、構内放送をするにあたってそうとう練習しているのでしょう。本当に「ご苦労様です」としか言いようがありません。名鉄の車内に関してはあまり印象がありません。ただ、先頭車同士の連結がものすごく多いなあという印象があります。おそらく、名鉄は数多くの路線を保有しているので分割併合が多いからでしょう。車両の形式もあまりにも複雑なため、全く覚えようという気も起こりませんでした。

名鉄で興味深いのは朝のダイヤでしょう。名鉄は途中の駅で列車種別を変更することがよくあります。例えば、名古屋で普通の吉良吉田行きに乗るとしましょう。この列車は鳴海で急行に新安城から準急に変わります。全く持って意味不明です。おまけに、急行や特急でも列車によって特別停車や特別通過があります。名古屋以外の方が理解するのは困難でしょう。気になるのは名鉄利用者がきちんとこのシステムを理解しているのかということ。これは一回名鉄利用者からヒアリングしたいですね。

ともあれ、一回、名鉄を乗り回してみたいという欲求はあります。趣味的に新たな発見があるかもしれません。事前にキッチリと調べた上で乗らないとおもしろくないのでしょうが。