地下鉄の魅力はどこにあるか

2017年12月26日

図解でよくわかる 地下鉄のすべて (JTBのMOOK)

鉄道ファンの中には、乗り鉄、撮り鉄、食べ鉄などさまざまな人がいます。鉄道ファンからすればそれぞれ好みの鉄道会社や路線があるのですが、ファンでない人にとっては、魅力が理解しづらいことがあります。そんな中でも特に魅力が見えづらいのが地下鉄ではないでしょうか。

地下を走るがゆえに、列車のデザインが比較的単純であるほか快速運転する列車が少なくダイヤが単調であること、列車の設備が地下に隠れているので見えづらいこと、写真撮影がしづらいこと、などマイナス面を挙げればきりがありません。しかし地下鉄には地下鉄なりの魅力があるのです。では、どのような魅力があるのかを見ていきましょう。

まず、地下鉄同士が交差する駅の構造が興味深いことがあります。地下鉄は、南北方向に走る路線と東西方向に走る路線が中心です。そのため、どこかでクロスするケースが多くなります。クロスする場合は、路線ごとに深度を変える必要があります。結果的に、乗り換え経路が複雑になることが多いのです。

鉄道ファンとしては、線路が複雑に交差する構造に関心が持てます。同様に、乗り換え経路についても興味深く観察することができます。地下鉄間の乗り換えをする際には、乗り換え経路について考えてみると面白いのではないでしょうか。

さらに、一部の地下鉄路線には相互乗り入れしている私鉄あるいはJRの車両が登場することがあります。このケースでは、車両の運用に多くの工夫がなされています。直通列車の存在によって、どの駅からどの車両を出すのか、あるいはどこで車庫に引きあげさせるのかについてのパターンが多様になります。ある駅で次々とやってくる列車の車両と行き先、種別を確認するだけでも、多くの想像を広げて楽しめますよ。

相互直通運転は列車が終着駅にて折り返し準備をする時間を短縮することにつながり、車両の稼働率を高める効果があります。効率的な経営につなげるためにも、各鉄道会社は直通運転に前向きです。今後も地下鉄線にさまざまな車両が登場することを期待します。