関東鉄道という気になる私鉄

2017年12月26日

関東鉄道 全線(Blu-ray Disc)

日本にはまだ乗ったことはないが、気になる私鉄がいくつかあります。そのうちの一つが茨城県を走る関東鉄道。何が気になるのか?まずは、関東という名前が気になります。よくよく調べるとユニークな私鉄であることが分かりました。それでは、関東鉄道の秘密に迫りたいと思います。

関東鉄道はJR常磐線との接続駅、取手駅からJR水戸線との接続駅、下館駅までの常総線とJR常磐線との接続駅、佐貫駅から龍ケ崎駅までの竜ヶ崎線を運営しています。まず、互いの線が接続されていない、いわゆる独立した形であることもユニークですね。

取手から下館までの常総線は51キロにも及び、しかも非電化。非電化でこれだけの長距離を走るのは関東鉄道しかありません。しかも、取手側は純粋な通勤路線で朝ラッシュ時には次々と気動車がやってきます。一般的に「気動車」と聞くと「ローカル線」というイメージがありますが、それを見事に覆してくれるのが関東鉄道の魅力でしょう。ただし、途中の水海道駅から下館駅は典型的なローカル線になります。

また、関東鉄道は本数が多いだけではありません。関東鉄道には快速という優等列車まで走っています。他の地方私鉄みたいにチョロチョロ走っているだけではありません。きちんと日中にも走っており、多くの駅を通過します。これだけ見ると、中小私鉄よりも「準大手」という称号を与えたいですね。

車両も気動車でありながら、通勤列車の仕様です。3扉でロングシート。もう少し編成が長く電車だったら都心でも十分通用するのではないでしょうか。

ところで、関東鉄道は常総線、竜ヶ崎線以外にも路線を持っていました。それが2007年に廃止された鹿島鉄道と1987年に廃止された筑波鉄道です。こちらは典型的なローカル線で、業績が悪化したため、関東鉄道から切り離されたのです。いうなれば「分家」ですね。ところが、「分家」は結局生き残らず廃止されてしまったのです。

ところで、関東鉄道には強力なライバルが存在します。それが「つくばエクスプレス」です。「つくばエクスプレス」ができる前は常磐線の取手経由で首都圏に出られました。「つくばエクスプレス」は途中の守谷駅で関東鉄道と接続します。しかし、その分、関東鉄道に乗る区間は少なくなってしまいました。今後、どのように「つくばエクスプレス」と共存するのでしょうか。私鉄好きの私としては興味が尽きません。次は関東鉄道に乗りたいですね。