どのような場所にある踏切が開かずの踏切となりやすく、どうすれば解決するのか

2017年11月29日

情景コレクション 情景小物114 踏切C

最近では鉄道路線の高架化や地下化が進み、「開かずの踏切」が減少しつつあります。しかし、いまだに「開かずの踏切」として利用者を悩ませている踏切があります。どのような場所にある踏切が開かずの踏切となりやすく、どうすれば開きやすい踏切に変えられるのでしょうか。

まず、大前提として、列車の運行本数が多い線路をまたぐ踏切は、遮断機が下りている時間帯が長い傾向にあります。列車が通過するたびに遮断機が下りるので、当然の結果です。

他の要因としては、駅のすぐそばに位置する踏切は開かない時間帯が長くなりがちです。というのも、駅に停車する列車は駅付近を低速で走行するため、列車が通過するのに時間がかかるからです。また、踏切の位置によっては、列車が付近の駅に停車し、乗客を乗り降りさせている段階ですでに遮断機が下りてしまうケースも多々見られます。このケースでは、朝夕の通勤ラッシュなどで乗降時間が長くなるタイミングで、踏切が閉じている時間が長くなってしまいます。

さらに、急行と各停など、異なる種別の列車が連絡する駅付近では、開かずの踏切が発生しやすくなります。というのも、急行がやってくるころには踏切が閉まり、次に踏切が空くのは、「急行発車→通過→各停発車→通過」した後だからです。双方向に向かう列車が接続待ちをする場合には、さらに踏切が閉じている時間が長くなります。

加えて、複々線のように、線路の本数が多い路線では踏切が閉じている時間が長くなる傾向があります。複々線でなくても、複数の路線が分かれる前の位置にある踏切では、さまざまな方面と付近の駅とを結ぶ列車が往来するため、通過する列車本数が多くなり、遮断機が上がりにくくなってしまいます。

開かずの踏切が残っていると、先を急ぐあまり、遮断機をくぐって線路内に侵入する人が発生しやすくなります。こうした行為は人身事故につながりかねません。できるだけ開かずの踏切が減少することが期待されます。