団体列車に出会う楽しみ

2017年11月29日

喜劇 団体列車 [DVD]

鉄道に日々乗車していると、時折団体列車に出会うことがあります。団体旅行を楽しむ人たちの顔が見られて幸せ…というわけではないのですが、団体列車に出会うと嬉しいですね。というのも、団体列車には古い車両(やその改造車)が利用されていることが多いからです。

団体列車に旧式の車両が多く充当されるのには理由があります。まず、新式の車両と比べて、改造がしやすいことが挙げられます。もう十分走り倒した列車が大半なので、元は取れているといえます。また、団体列車では速達性があまり重視されません。そのため、加速・原則性能が新型車両に比べて劣る旧式の車両であっても、所要時間の長さによって敬遠されないのです。むしろ、通常ダイヤの合間を縫うように団体列車を運行させるとなると、時として各駅停車の待避待ちをするなどの工夫が必要になることがあります。こうした事情から、団体列車には旧式の車両が割り当てられているケースが多いのです。

こうした旧式の車両の中には、地方部までいかないとみられないものや、地方路線からも引退し、鉄道博物館で眺めるようなものまであります。こうした列車に出会えることから、列車に乗るときは団体列車が来ないかをいつも心のどこかで楽しみにしています。

また、団体列車は待避待ちなどで停車時間が長いことが多く、写真撮影にも適しています。団体列車とすれ違った際には、途中下車して追いかけ、写真を撮りに行く、などという楽しみもありますよ。もっとも、路線によっては団体列車のスピードが速く、そのまま逃げられてしまうこともありますが…。ただ、鉄道ファンとしては追いかけること自体がまた新たな楽しみになります。国内での旅行需要が徐々に減退していくなかで、列車を貸し切っての団体旅行も珍しくなっていくのではないかと思います。ただ、鉄道ファンの立場からすれば、修学旅行や社員旅行などで団体列車を貸し切るケースが減らなければよいのに、と願っています。