鉄道の改札とICカード

2017年11月29日

レイ・アウト ICカードステッカー マリオ(ブルー) RT-NDICSB/SI

多くの鉄道会社では、自動改札機が導入されています。自動改札機が導入されるまでは、手動で集札などを行っていたことから、改札口付近の混雑が課題となっていました。現在でも、利用客の多い駅で通勤・通学ラッシュ時を中心に改札口が混雑することはありますが、自動改札機のおかげでずいぶん緩和されたといえます。

自動改札機は、導入されてからも改良が重ねられ、乗車券が通過する速度を速めたり、こどもきっぷの場合は効果音が鳴ったりするようになったほか、乗り越し精算機を利用せずとも、2枚の乗車券を重ねていれることで乗り越し精算を完了できる改札機が登場するなどの進歩を遂げました。直近の大きな改良といえるのが、ICカードの導入です。

ICカードが導入されたことによって、乗客が改札口付近で速度をあまり落とさずに通過できるようになりました。従来の乗車券方式だと、いくら改札機の性能を上げたとしても、乗客が改札機に投入すべき乗車券を取り出すのに手間取り、改札機の手前で人の流れるスピードが落ちてしまいます。ICカードだと、パスケースなどに入れたまま通過できることから、人の手間が減少し、滞留が起こりにくくなります。ICカードをタッチする部分も、ミスタッチを極力減らすよう、角度やランプ表示が工夫されています。

さらに、ICカードは改札機の機械内部に入らないため、乗車券が機械に詰まってしまうこともありません。機械が詰まると、乗客を少ない台数の改札機でさばかなくてはならなくなり、混雑が激しくなりかねません。また、改札機が故障すれば、交換に大きな費用がかかってしまいます。リスク低減の観点からも、ICカードの導入は画期的だったといえます。さらに、オートチャージ方式のICカードも導入されており、新たな乗車券やプリペイドカードを購入するのに券売機に並んだり、乗り越したために精算機に並んだりする必要がなくなります。駅から列を減らすことも、人の流れをスムーズにすることに貢献します。