回復運転を行うための方法

2017年11月29日

ラブ DC 1.8 v 6 v 2 a 低電圧モーター スピード コント ローラー新規制 PWM 1803B//1.8v 3 v 5 v 6 v 7.2 v 12 v 2 a 30 w DC モーター スピード コント ローラー (PWM) 1803BK 調節可能な運転スイッチ

多客や事故、天候不順などにより、列車に遅れが発生することがあります。こうした場合、列車はダイヤにできるだけ近づくべく、回復運転を行います。では、回復運転にはどのような方法があるのでしょうか。

まず一番単純なのは、走行速度を上げることです。速く走れば、早く着きます。もちろん安全性は確保しなければいけないため、決められた速度を超過することは論外です。また、列車は速達性を確保すべく、平常時もむやみに速度を落として走るのではなく、ある程度スピードを出して走ります。では、どこで走行速度を上げる余裕があるのでしょうか。答えは、退避待ちや後追い運転にあります。ダイヤの都合上、優等種別が先行する各駅停車の後追いをする場合、どうしても後を走る優等種別が最高速度を出せず、先行する各駅停車をノロノロと低速で追いかけることがあります。回復運転時には、こうした先行列車がいなかったり、すでに退避待ちをしていたりするので、優等種別が存分にスピードを出し、遅れを減らすことができます。逆に、各駅停車など、停車駅の多い列車が遅れた状態で先行している場合には、各駅停車がいかにして遅れを取り戻すかが、ダイヤ全体の回復状況に影響します。

走行速度を上げるほかには、停車時間を短縮する方法があります。ただし、この方法は、列車の運行間隔が空いてしまうことが多いことを考えると、あまり効果を発揮できない場合が多くなります。運転間隔が空くことにより、通常よりも多くの乗客が発生し、どうしてもすみやかな発車が難しくなりがちなのです。ただ、鉄道会社や路線によっては、一部の駅で余裕停車時間を設けているケースがあります。このケースでは、平常時には発車時間待ちをしている分を短縮することにより、遅れの回復に役立てることができます。

さらに、大規模なダイヤ乱れの場合には、折り返し時間の短縮や、一部列車の運転取りやめ、行き先変更などでダイヤを一気に回復に向かわせる方法もあります。