山陽―阪神―近鉄直通特急への期待

2017年11月28日

近鉄・阪神 相互直通運転企画 【前面展望】近鉄奈良→神戸三宮 快速急行 [DVD]

阪神なんば線の開通によって、近鉄と阪神で直通運転がなされるようになりました。今では、近鉄奈良から神戸三宮まで直通列車が多数運転されています。実際に乗車してみると、近鉄と阪神の分かれ目である大阪難波駅をまたぐ形で乗車する客が一定数おり、直通運転の意義があったことを示しています。

阪神―近鉄の直通運転では、最速の種別が「快速急行」となっています。奈良県北西部の生駒市(生駒駅)から大阪市(鶴橋駅)まで、東大阪市の駅には一切停車せず約15分走り続けるなど、停車駅がかなり絞り込まれている種別です。しかし、阪神なんば線内では多くの駅に停車するなど、まだまだ速達化の余地はありそうです。実際、阪神、近鉄ともに、快速急行よりも早い種別として「特急」を持っています。

特急列車の直通については、阪神、近鉄ともにさらなる利便性向上のために考えていることとは思います。ただ、阪神特急が無料なのに対して、近鉄特急は有料です。そのため、なかなか直通特急を走らせるのは難しいようです。

ただ、個人的には阪神線から山陽電車への乗り入れが行われていますから、山陽―阪神―近鉄の直通特急が走れば面白いのではないか、と思います。「姫路発奈良ゆき特急」が走る日は来るのでしょうか。

ハードルとなる特急料金の設定については、ライナー券を発券すればよいと考えています。山陽・阪神区間は座席指定なし、近鉄区間は全席指定で運行するのです。こうすれば、近鉄の特急料金制度はそのまま利用できます。山陽・阪神区間は、従来の特急よりも豪華な車両が走ることで、料金を取りやすくなりますね。

列車本数が多くなりすぎると特に急がない特急になるのでは、との懸念があります。この点については、阪神尼崎まで乗り入れる各停を減らせばよいと考えています。西九条~尼崎間の区間運転にするなどすれば、ネックとなるなんば線区間が比較的空きますよ。いつの日か、3つの鉄道会社をまたぐ長距離特急に乗車できることを楽しみにしておきたいと思います。