北陸新幹線ルート「小浜-京都ルート」は当然か?

2017年11月29日

プラレール E7系北陸新幹線かがやき 立体レールセット

北陸新幹線のルートが、小浜―京都ルートで事実上決着しました。舞鶴ルートや米原ルートも検討はされていたようですが、速達性に欠ける、東海道新幹線ダイヤに組み込めない、といった理由で、小浜―京都ルートの可能性が高いとされていただけに、特に驚かない結果でした。ただ、小浜―京都ルートが本当に最適なのかはやや疑問があります。

実際、小浜―京都ルートについては京都府から、費用負担は大きいのに経済効果は小さいのではないか、との懸念が示されています。京都―大阪間のルートについて奈良県知事が自県を通るルートに反対しているのと似たような理由ですね。新幹線は、線路が通っても、駅ができなければ経済効果は期待できません。また、駅ができたとしても、通過列車が多い駅であれば効果は小さくなってしまいます。負担すべき費用も高額になるだけあって、なかなかどのルートが最適化は言い切りづらいところがありますね。

個人的には、北陸新幹線が大阪まで直通する必要はないように感じます。米原までとし、米原からは東海道新幹線に乗り換えてもらった方が、速達性・経済性の観点で優れていると考えられるからです。

現在の東海道新幹線では、「のぞみ」「さくら」などの速達タイプの種別は京都―名古屋間をノンストップで走ります。その他の列車は、京都―米原―岐阜羽島―名古屋と停車します。米原から「こだま」や「ひかり」を利用して京都や新大阪などを目指してもらえば済む話ではないでしょうか。もちろん、米原駅周辺の工事は必要です。しかし、長い線路を新設するよりも費用が抑えられることは言うまでもありませんね。どうも乗り換えなしで行くことを重視しすぎているように感じます。実際、大阪や京都から北陸方面への旅行需要がどのくらいあるのかも疑問です。現在の特急列車でも十分では、と考えているくらいです。

日本では北陸新幹線以外にも、九州新幹線長崎ルートや、北海道新幹線札幌延伸などの取り組みが行われています。整備新幹線の計画はほかにも複数あります。ただ、果たして新幹線がどの程度必要なのか、特に人口の少ない地方部での新幹線建設は、再考する余地があるのではないでしょうか。