鉄道ダイヤは目で見て理解!乗換アプリ依存より良いかも?

2017年11月29日

プラレール 自動のりかえ駅とドクターイエローセット

鉄道ダイヤは、乗り換え検索アプリを利用すれば簡単に確認できます。接続待ちの時間や到着番線などが表示されるアプリもあり、大変便利ですね。筆者も外出時にはよくアプリを利用しています。ただ、乗換アプリに依存しすぎるよりも、時刻表を目で見てダイヤを理解したほうが、移動がスムーズになるかもしれません。鉄道ファンであれば紙の時刻表を見たことがあるでしょう。ファンではない方はなかなか目にする機会がないかもしれませんが、紙の時刻表にもメリットはあるのです。

実際、駅の窓口などで列車案内を希望すると、紙の時刻表を利用して情報を教えてもらえることがあります。さすがに駅員さんが電子端末を使う能力がないわけではありませんので、何らかのメリットがあることがわかりますね。では、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

まず、前後を走る列車の時刻を合わせて確認できます。そのため、ダイヤ全体を把握しやすくなり、停車時間の長い途中駅を見つけ出すことも可能です。途中で飲食物を買うなどの予定がある場合は助かりますよ。

さらに、最速達の列車を利用したくない場合も便利です。アプリだと、最速達あるいは最安のルートが表示されますよね。ただ、優等種別は混雑していることも多く、時間をかけてでも座席に座りたいことがあります。そんなときは、アプリではなく紙の時刻表を見れば、遅めの列車を確認できますよ。始発駅などもチェックすれば、混雑度を予想することもできますね。

加えて、アプリでは機械的に設定される乗り継ぎ時間を、自分のペースに合わせて調整できます。乗り継ぎに慣れている駅などでは、アプリの想定よりもスムーズに乗り換えできるかもしれません。アプリの設定上、乗換が困難であっても、現実には十分可能、というケースがあります。アプリの検索結果と実際の乗り継ぎが違うのでは、という疑問を持った時は、ぜひ紙の時刻表をチェックしてみてくださいね。