鉄道の車体広告があまり増えてこない?理由を考えてみた

2017年11月29日

Bトレインショーティー 一般車両+くまモン×おれんじーずラッピング列車 (気動車 2両入り) プラモデル

鉄道の車体広告を見かけるようになってからずいぶん経ちます。鉄道会社としては、列車を走らせる際に、中に乗っている乗客だけではなく走っている車両からも収入を得る貴重な手段ですね。人口減少社会に入り、鉄道の利用者も右肩上がりとはいかない中で、収入源の多角化を図っていると言えます。

私は、車体広告が登場したときには、一気に広告が当たり前になると考えていました。「走る広告」として、広範囲に宣伝を行う上では有効な広告方法だと言えるからです。しかし、現実には広告なしで走っている列車がまだまだ都市部でもたくさんありますね。そこで、なぜ車体広告が増えてこないのかを考えてみました。

まず思いついたのは、車両の良さが失われることですね。鉄道会社は車両のデザインにも工夫を凝らしています。そのため、車体広告を掲載することで、車両のイメージ低下が懸念されます。肝心の乗客が離れてしまっては元も子もありません。

さらに、鉄道事故が発生した場合に、企業イメージが悪化するという広告主側の懸念も考えられます。鉄道事故が起こると、テレビニュースなどで現場の映像が報道されることがありますよね。人身事故などの場合は、広告主はもちろん、鉄道会社にも責任がない場合が少なくありません。こうしたケースであっても、映像を見た人々は、広告主の事故のイメージを持ってしまうかもしれません。せっかくイメージや知名度向上のために広告を出しているのに、逆にイメージが悪化する可能性もあるのです。

鉄道の車体広告が急増していないのは、車両デザインに関心のある鉄道ファンとしてはうれしい限りです。ただ、広告ではなくラッピング列車が、車両の魅力を増してくれることもありますよね。いっそのこと、鉄道会社が関連施設の広告を掲載した車両を多く導入してみてはどうか、などと考えているところです。今後も、車両自体が持つデザインの美しさを損なわない範囲で、多様な広告が掲載されていくことを期待しています。