バスに客を奪われる地方鉄道―過疎地域に鉄道は不向き?

2017年11月28日

希望のレール 若桜鉄道の「地域活性化装置」への挑戦 | 山田和昭 |本 | 通販 | Amazon

地方の鉄道会社の多くは、経営状態が極めて厳しいです。観光客の呼び込みに取り組んでいる会社も少なくありません。しかし、観光客数の増加は一時的なものであり、中長期的に鉄道の経営を支えるには不十分と言えるケースが大半です。やはり沿線人口の減少に地方鉄道の経営はあらがえないのでしょうか。

気になるポイントは、沿線人口が減っているとはいえ、さすがに鉄道の利用者が少なすぎるのではないか、ということです。もちろん、列車の運転本数が少なくなりすぎたり、駅の設備が不十分だったりといった理由でマイカーを利用する人もいるでしょう。しかし、比較的長い距離を移動するとなると、自動車を利用するよりも鉄道に頼ったほうがリーズナブルなケースが少なくありません。なぜ沿線の人々は地方鉄道をあまり利用しないのでしょうか。

その理由の1つは、バスの存在ではないかと思います。バスは線路を走る鉄道と異なり、道路を走ります。そのため、住宅地の合間を走ることも可能ですね。そのため、高齢者などが駅まで徒歩で移動するのがつらい場合でも、バス停であれば比較的近距離の徒歩で済むケースがあります。自治体が運営するコミュニティバスでは、住宅地の中をあちこち走り回って、時間こそかかるものの、徒歩の負担を減らすケースが見られます。過疎地域では高齢者率が高いですから、合理的な選択ですね。

こうした地域を支えるバスの取り組みは、地域を存続させるためには有効です。しかし、バスの積極的な取り組みによって、かえって地方鉄道の客が奪われている可能性がありますね。このように考えると、過疎地域に鉄道は不向きなのではないかと思います。鉄道は線路や信号設備の保守管理など、何かと固定費がかさみがちです。バスは車両費用こそかかるものの、道路の整備費はバス会社が負担するわけではありません。したがって、バスのほうが需要変動に応じた路線整備や廃止がしやすいと言えます。この調子だとさらに地方鉄道は客を奪われ続けることになりそうですね。