廃線が進むJRの乗りつぶしはラクになってしまいます

2017年11月29日

[嵐山 光三郎]の新廃線紀行 (光文社文庫)

 JR各社は赤字体質が問題視されている北海道を中心に、ローカル路線の廃線を進めています。沿線自治体からの反発が出るケースがほとんどですが、沿線住民としても本数の少ない鉄道を積極利用していないのが現状です。沿線自治体も人口減少に悩んでいるため財政力に乏しく、なかなか鉄道をサポートできるだけの資金を拠出できなくなっています。結果としてやむなく廃線になる路線が後を絶ちません。

 JRは分社化されてはいるものの、社をまたいだ列車の運行もあります。あくまでもJR1つのまとまりと考える人もいますね。鉄道ファンの中にも、JR全線乗車(いわゆる乗りつぶし)を行っている人がいます。廃線が進むと乗りつぶしはラクになってしまいますね。

 特に、乗りつぶしを計画する鉄道ファンを悩ませてきたのが北海道エリアと山陰エリアです。列車の運行本数が極端に少ないからです。また、長距離利用する乗客が少ないこともあり、短距離列車が中心となっている路線もあります。長距離利用しようとすると有効列車の数が少なく、かといって途中駅で待機しようにも目立った店舗がない、というケースも考えられます。

 こうした乗りつぶしの苦しみともいえる部分は、多くの路線を持つJRならではの乗りつぶしの楽しみ方とも言えます。しかし、大規模な廃線が進むと、簡単に乗りつぶしを実現できるようになりますね。乗りつぶしというのは達成感が大切だと考えています。そのため、ある程度高めのハードルでなければチャレンジする気持ちが薄れてしまいかねません。

 とはいえ、乗りつぶしを目指す鉄道ファンのために廃線がストップすることは考えづらいです。そのため、将来的にはJR全線乗車はあまり評価されず、日本の鉄道全線乗車を目指す鉄道ファンが増えるかもしれませんね。私鉄においては都市部を中心に新路線が整備されるケースが少なくありません。私鉄を加えた乗りつぶしが当然となる日が来るのでしょうか。JRによる廃線は残念ですが、新たな乗りつぶしの楽しみ方が生まれるかもしれません。