ダイヤ乱れ時の種別・行先変更について考える

2017年11月29日

[ベラ バリー] Bella Barry ウエディング CZダイヤ リング レディース 婚約指輪(ラウンド形) サイズ:12号

 ダイヤが乱れた際には、列車の運休が発生する場合があります。始発駅でストップさせることができればよいのですが、運行中の列車が先に進めなくなるケースも考えられます。そのため、ダイヤ乱れの際には種別や行き先が変更されることがあります。

 都市部の鉄道を利用している方は、ダイヤ乱れの際に停車中の電車が突然幕を回し始める現場を目撃したことがあるのではないでしょうか。

 関西では阪神電車、名古屋エリアでは名鉄、関東では京急がよくやっています。ダイヤを早期に回復させようとする意欲は素晴らしいです。しかし、乗客にしてみればたまったものではないかもしれませんね。時にはいったん変更になった種別や行き先が再び変わる、ということもあります。

 ダイヤが乱れた際の変更は、ある程度仕方ありません。しかし、行き先はともかく、種別はあまり変えないでほしいと思います。と言うのは、行き先は先に進めないのであれば変更せざるを得ません。早めに折り返し運転をするなり、回送して車庫に入れるなりしないと、電車が詰まってしまいます。

 いっぽう、種別はわざわざ変える必要に乏しいと思います。各停しか止まらない駅に折り返し設備がある場合などは仕方ありませんが、あくまでも「優等→普通」の変更にとどめてもらいたいものです。

 というのも、いきなり種別が変わると乗客が誤乗する可能性があります。長時間停車していた電車が種別変更したかと思えばすぐに発車、と言ったことも考えられますからね。

 普段からよく利用している路線なら、急な変更があっても乗るべきか、乗らざるべきかスムーズに判断することができます。ところが、乗り慣れない路線だと、ダイヤ乱れで苦しんでいるのにさらに誤乗の犠牲になる可能性が否定できません。

 近年は方向幕や種別幕が「幕」ではなく電光表示システムに変わりつつあります。電光表示だと幕のように回らないため、変更していること自体に気づきづらいです。幕が回りきるまでのタイムラグもありませんし、誤乗に気づくチャンスはより少なくなっているのです。ダイヤ乱れの際は鉄道会社も大変でしょうが、慣れない乗客のことも考えてほしいものです。