直通列車の車両統一をしづらいのはなぜ?

2017年11月29日

鉄道会社はややこしい: 「相互直通運転」の知られざるカラクリに迫る! (光文社知恵の森文庫) | 所澤 秀樹 |本 | 通販 | Amazon

 東京・大阪エリアを中心に鉄道会社の垣根を超えた直通運転が多数みられます。直通運転が広がれば幅広い車両を多くのエリアで見られるだけに、鉄道ファンにとっても楽しみが広がります。

 一般の乗客にとっても直通運転で長距離の移動が便利になるメリットがあるでしょう。しかし、車両がバラバラだと扉の枚数や位置が異なるほか、車両によって行き先や種別を判断しづらくなります。近距離だけを利用している人にとっては列車の混雑激化もあり直通運転は迷惑でしかないでしょう。そんな直通運転ですが、列車の車両を統一できないものでしょうか。

 まず、直通専用の車両が新規開発されるケースでは比較的車両が統一されやすいです。しかし、直通運転に関わる複数の鉄道会社が直通専用列車を整備するとは限りません。一部の鉄道会社にとどまれば、他社線から様々な車両が乗り入れてくることになります。

 新線開業により直通運手をスタートさせる会社は、新車の整備が必要です。せっかく新車を製造するのであれば、直通用の新たな車両を導入するのもうなずけます。ところが、直通運転が開始されても路線距離が伸びない鉄道会社もあるでしょう。列車の運行本数が増えるわけではない以上、直通運転開始に合わせて新型車両を大量導入することはコストの観点から得策ではありません。

 また、車両を統一しすぎるとダイヤ乱れの際に車両運用が難しくなりがちです。直通路線とその他路線で車両の融通をしづらくなるからです。ただでさえ直通運転により他社線の遅れが波及しやすくなっていることから、車両運用の柔軟性は高めておきたいところですね。

 ただ、車両がバラバラだと乗務員にも負担がかかります。機器類の配置場所や機能が一部異なるなどして、覚えるのが大変になってしまうからです。各種の機器類が進化しているだけに、使い方をしっかりマスターしないと遅延や事故にもつながりかねません。乗客・乗務員のためにも一定のコストをかけて直通用車両の統一を進めてほしいと思います。