スルー線を増やしてダイヤをスムーズに!

2017年11月29日

恋愛小説と、通過列車と、1gのため息。

 鉄道各社は効率よく列車を運行するためにダイヤを工夫しています。種別や停車駅の設定のほか、列車の運転間隔や車両、駅でのアナウンスなど大きなところから小さなところまでよく考えられていると思います。

 ただ、定期的にダイヤの大幅改正が行われていることもあり、まだまだ改善の余地はあるでしょう。そこで今回は、いわゆる「スルー線」を増設してダイヤの流れをスムーズにできないかを考えてみます。

 スルー線とは、通過列車専用の線路です。ホームを設置しなくてよいため、狭いスペースでも線路を増設することができます。混雑しているけれど周辺に建物が多く高架化や地下かも難しいなどでホームが不足している駅でも増設しやすいのです。

 スルー線を設置すれば待避設備増につながります。平常通りのダイヤとなっている場合は必要なくても、ダイヤ乱れの際には臨時的な待避を行えるようになり、ダイヤの回復力が増すと考えています。線路構造が複雑になる、という懸念もあるでしょうが、主要駅に隣接する駅などではそもそも列車の通過速度が遅いケースが見られます。スルー線設置を行っても走行速度が変化しづらいなら、導入しても大きな問題はないでしょう。

 また、複線エリアではスルー線増設で列車の運転速度が遅くなる懸念があるのに対し、単線エリアの行き違い駅では懸念が少なくなります。そもそも行き違い目的で減速するケースが多いからです。スルー線を設ければ通過する列車は速度を落とさずに済み、優等種別の高速化につながるでしょう。単線でも優等種別が存在する路線はあります。速達性が劣りがちな単線エリアでもスルー線を導入し、弱点を補ってほしいものです。

 スルー線は人身事故を防ぐ役割も果たします。ホームから転落する人がいても、スルー線がホームから遠く離れていれば、接触する可能性があるのは低速で入線してくる停車目前の列車だけになります。人身事故を防ぐことは人命確保になるとともに、ダイヤの大幅乱れを防ぐ効果もあります。