JR東海道線の新駅名が「JR総持寺」に決定!

2017年11月28日

Amazon | 總持寺の歴史<増補新版> | 竹内 道雄, 尾崎 正善 通販

 京都や大阪などを結ぶJRの主要路線であるJR東海道線(JR京都線)に設置される新駅の名称が「JR総持寺」に決定したようです。ひらがな表記すると「じぇいあーるそうじじ」です。なんだか読みづらそうで、活舌の悪い車掌さんにとってはアナウンスの際に苦労することになるのではないでしょうか。

 さて、JR東海道線といえば「神」と表現されることもある「新快速」が走るJR西日本のドル箱路線です。大阪環状線なども輸送人員は多いですが、東海道線は高速の新快速が走るため、輸送距離を伸ばしやすいのです。複々線化されている区間もあり、列車本数も充実しています。

 そんなJR東海道線ですから、さらに乗客を増やすための投資もしやすいのでしょう。新駅設置は沿線住民にとってうれしいニュースのはずです。鉄道ファンとしてもダイヤがどう変わるのか注目しておきたいと思います。

 今回の新駅は駅名の冒頭に「JR」とつくことからもわかるように、阪急総持寺駅との区別を図っています。阪急総持寺駅とは徒歩7分程度離れているようで、乗り換えに使えるかどうかは微妙ですね。乗り換えに使いづらいのであればわざわざ同じ「総持寺」を使わずとも別の名称にできなかったのか、と思ってしまうのですがいろいろ理由があるのでしょう。

 ただ、乗り換え利便性がそれほど高くないことは鉄道会社にとってありがたいかもしれません。競合する形となって乗客が分散し、両駅に停車する列車を減らすといった事態になりづらいからです。周辺住民としても駅の選択肢が増えつつ、各駅の列車本数が確保された方がよいでしょう。もっとも、JR西日本、阪急電鉄のいずれも大阪―京都を結ぶ路線ですけれどね。

 JRや阪急はまだまだ駅間距離が長い区間が少なくありません。阪神のように駅と駅が目と鼻の先といった状態にするのは考え物ですが、他にも新駅設置構想はあるようなので、着実に実施されて沿線住民の利便性が高まればよいと考えています。家の近くを線路が通っていて電車も見えるのに、駅が遠いのは悲しいですよね。ローカル線ならまだしも、主要路線なら新駅設置で沿線住民を拾ってほしいところです。