おおさか東線新駅名称が「衣摺加美北」に決定!

2017年11月28日

JR西日本おおさか東線「JR長瀬」キーホルダー 電車グッズ

 大阪府内を走るJRの路線、おおさか東線の新駅名称が、「衣摺加美北(きずりかみきた)」に決定したそうです。長い・読みづらいなどの評価が下されているようですが、事情を聞いてみるとなるほどと言える駅名ですね。

 新駅設置をするには、一定のコストがかかります。そのため、コストに見合うだけの利用者増につなげなければいけません。そこで、「衣摺」、「加美」という2つの地名を新駅名に盛り込むことで、いずれの地名になじみがある沿線住民にも、新駅を利用してもらおうとしていると考えられます。

 ただ、新駅はおおさか東線の駅でして、それほど利便性が高いとは言えません。現在は久宝寺駅から放出(はなてん)駅までを結ぶ路線のためです。基本的に線内のみを走る各駅停車が運転されています。各停だけで運転本数もそれほど多くなく、他路線への乗り入れもないとなれば、乗り換えの必要性が高まり便利とは言い難いですね。

 それでも、今後おおさか東線が新大阪駅まで延伸されることを考えると、沿線住民にとっては貴重な新駅開業になると言えるでしょう。新大阪までの直通列車が走るようになれば、大和路線や学研都市線などとの直通列車が各駅停車も含めて出現する可能性があります。将来性には一定の期待が持てる駅ですね。

 しかし、おおさか東線内の途中駅をすべて通過する直通快速(奈良―尼崎間で運転)のノロノロ運転度がさらに高まることが懸念されます。現在でもおおさか東線内に待避設備がないために、先行する各駅停車をゆっくりと追いかける形となっています。駅が増えることで各駅停車の速度が落ちれば、さらに直通快速の速達性が懸念されることになりそうですね。奈良―尼崎と言えば魅力的な路線のようにも思えるかもしれませんが、近鉄と阪神を利用すれば奈良―尼崎どころかさらに先の神戸まで直通列車が運転されていることを考えると、JRも直通快速の停車駅や、おおさか東線内の種別設定を再考する時期なのかな、と思います。おおさか東線が延伸されるタイミングのダイヤ改正で、尼崎への直通快速は廃止して、新大阪ゆきの快速列車を大和路線から直通運転してほしいのですが、実現するでしょうか...。