Train Drive ATS3の区間列車から近鉄ダイヤを考える

【Amazon.co.jpエビテン限定】電車でGO! PLUG & PLAY(プラグアンドプレイ)スターターパック

 近鉄奈良線をベースにした鉄道シミュレーターアプリ「Train Drive ATS3」には、多くの区間列車が設定されています。実際には近鉄のダイヤに存在しない列車も少なくありません。基本的にはゲーム性を高めるために設定されているのでしょうが、実際のダイヤと比較してもなかなか考えさせられる区間列車もあります。そこで、Train Drive ATS3に登場する区間列車から、近鉄ダイヤについて考えてみます。

 ここで取り上げるのが、生駒駅から大阪難波駅までを走る急行列車です。この区間は実際の近鉄ダイヤでも急行列車が走っていますが、生駒駅が始発という列車はありません。生駒よりも近鉄奈良よりの駅からの乗客も多いので、生駒始発は現実的には今一つだと思います。ダイヤ乱れの際などは、隣の東生駒駅に折り返し設備がありますから、生駒駅始発の列車を運転するのもアリだとは思います。

 ただ、この生駒駅始発の列車は、Train Drive ATS3には登場しない近鉄生駒線のダイヤを改善する上で役立つのではないかと考えています。近鉄生駒線からは近鉄奈良線へと線路がつながっていまして、直通運転をすることが可能です。生駒駅にある近鉄生駒線乗り場は線路が余っている時間帯が多いのに対して、近鉄奈良線の線路は次々と列車が入線してきます。生駒線から奈良線に乗り換える需要が一定程度あることを考えると、ラッシュ時に数本程度、生駒線からの直通列車を走らせても面白いのではないかと思います。駅の混雑を緩和しつつ、生駒線沿線の発展につながるのではないでしょうか。

 また、石切駅から大阪難波駅に向けて走る各駅停車にも一定の魅力があります。現在は東生駒駅まで運転されている列車を石切駅で折り返させることができれば運転コストを削減できますね。線路構造の関係などから現状では難しいと思いますので、こちらはダイヤ乱れが発生したり、駅が移転したりする際に検討してもらいたいと思います。

 Train Drive ATS3は今後、アップデートが行われる予定です。アップデートではさらに考えさせられる区間列車が多く登場することを期待したいと思います。