ポストペイ型ICカードの魅力とは?

栃木レザー 名刺・ICカードケース ヌメ革 一流の革職人が作る栃木市製 柔らかな牛革 定期入れ シンプル ICカード レザー かわいい おしゃれ レディース カジュアル ナチュラル IC定期券 Suica PASMO ICOCA PiTaPa 本革 カードケース レザー 通販 (ブルー)

 関東では高い普及率を誇り、関西でも着実に普及が進んでいる交通系ICカードには、様々な種類があります。支払い方式で区別すると、事前のチャージが必要なプリペイド型と、後からクレジットカードや銀行口座などから引き落とされるポストペイ型がありますね。今回は、ポストペイ型ICカードの魅力について考えてみます。

 まず、誰もが思いつくメリットとして、後払いのためチャージの手間がかからないことが挙げられます。急いでいるときにチャージ残高がゼロになっていると、改札に入れずに困ります。少しでも残高があれば降りる駅の乗り越し精算機を使えるのですが、乗車時に残高ゼロだと入れないケースが多いですね。こちらについては改善してほしいところです。また、チャージ残高を気にしなくてよい点は、複数人で外出する際にも便利ですね。自分だけ残高不足で精算機の列に並び、同行者を待たせるといったことがないのでストレスもありません。

 他には、交通費がいくらかかったのかがわかりやすいメリットもあります。プリペイド型のICカードでも乗車履歴を確認すれば交通費がわかりますが、1か月あたりなどの区切りで、交通費の合計額がいくらかをわざわざ計算するのが面倒です。ポストペイ型だと基本的に1か月単位で精算されるため、預金通帳やクレジットカードの明細をチェックすることで、1か月の交通費を確認できるメリットがあります。

 また、現金を持ち歩かなくてよい点も魅力です。クレジットカードや電子マネーが普及した現在では、ほとんど現金を持ち歩かない人もいるでしょう。鉄道で長距離の移動が多い人は、チャージ用の現金を持ち歩くとなると財布に入れるお金がやや多くなってしまいます。盗難リスクを考えると、チャージ不要のポストペイ型カードが魅力です。さらに、資金繰りが少し苦しい時も、ポストペイ型カードを使えば仕事の面接や友人とのお出かけに交通費を心配せずに参加できます。ただし、使いすぎると後から支払いに苦労するので注意は必要ですね。