自動運転車が増えれば、鉄道利用者が減るリスクあり

[三栄書房]のMotor Fan illustrated特別編集 自動運転のすべて

自動運転車が普及すれば鉄道利用者がシフトする可能性

 自動車業界は、若者のクルマ離れや高齢ドライバーの運転免許証返納などで国内需要の減少に頭を悩ませています。しかし、環境に配慮した電気自動車(EV)のほか、人間が運転操作をする必要のない自動運転車の開発が進められています。

 自動運転車が普及すれば、鉄道利用者が減少する可能性があります。というのも、手軽に自動車を利用しやすくなるためです。タクシーやバスのコストが下がり、長距離を高速かつ安価に移動できる手段としての鉄道の魅力が薄れることが懸念されますね。

 また、家庭内でもドライバーを複数確保しやすくなるでしょう。身分証明書として利用する目的で運転免許証を持っているものの、実際にはほぼ運転しないペーパードライバーであっても、自動運転車なら安心して利用しやすくなります。家庭内にドライバーが増えれば、子供の送迎などがしやすくなって鉄道利用からシフトする可能性があるでしょう。

鉄道も無人運転を増やせばコスト競争力が高まる

 自動運転車に乗客を奪われかねない鉄道ですが、コスト削減によって競争力を高めることができます。というのも、自動運転車には高精度の位置情報を把握するシステムが必要になるなど、コスト削減には限界があるからです。ドライバーにかかる費用が減少したとしても、車両にかかる費用を考えると、鉄道に軍配が上がるケースが出てきます。

 鉄道では自動車に先立って、すでに無人運転が実現されている路線があります。様々な車両が行き交い、場所によっては歩行者とも並走する自動車に比べると、専用軌道を走行する鉄道は自動運転に適していると考えられます。ホームドアの設置等で安全性が高まるにつれて、運転士や車掌の必要性が薄れてくるのではないでしょうか。

 実際、すでに鉄道では自動アナウンスが導入されているほか、新型車両の導入により運転技術の習得が容易になりつつあります。鉄道が無人運転することへの違和感を乗客が覚えなくなるにつれて、鉄道の運行コストがさらに削減されることになるでしょう。鉄道ファンとしては、自動運転車に負けずに鉄道が勢力を維持ないしは拡大してもらいたいところです。

速達性では鉄道に軍配も戸口輸送できない点がネック

 先ほど少し触れましたが、鉄道は自動車に比べて速達性に優れていると言えます。というのも、専用軌道を走るがゆえに信号に引っかかる確率が低いからです。また、そもそもの走行速度が自動車と比べて鉄道の方が早めです。もちろん停車駅が多い列車に乗れば自動車が信号で停車するのと同じになってしまうのですが、都市部の鉄道では大半のケースで通過駅の多い優等種別が設定されていますね。

 ただし、鉄道が速達性に優れていると言っても、あくまでも駅から駅までの輸送時間の話です。そのため、戸口から戸口までの輸送を考えると、自動運転車に負けてしまう可能性があります。駅チカエリアにどの程度人口が集中するかによって、鉄道と自動車のどちらを選択するかが分かれますね。鉄道会社の多くは不動産ビジネスに取り組んでいますから、駅前に大規模マンションを開発するなどして、自動運転車に乗り換えるより、駅まで歩いて鉄道を利用したほうが便利、と感じる層を増やしてもらいたいと思います。

自動運転タクシー事業の運営で鉄道との接続を図りたい

 駅前開発を加速させたいものの、東京圏を中心に、駅前の開発余地が乏しい駅が少なくありません。こうしたケースでは、鉄道利用者が自動運転車にシフトすることを防ぐために、駅から少し離れたエリアの住民も囲い込む必要があります。

 そこで、鉄道会社が自動運転タクシーや自動運転バスを運行してほしいと考えています。自動運転であればドライバーにかかるコストが不要ですし、人材不足に悩む必要もありません。低コストでバスやタクシーを駅まで運行することができれば、鉄道利用者の囲い込みにつながるでしょう。バス事業やタクシー事業単体で大きな利益を出すには至らずとも、鉄道事業の収益力強化につながる取り組みとしてぜひ検討してもらいたいところです。自動運転と合わせて車両の小型化も進めて、駅の改札やホームのすぐ近くまで乗客を運べるようにすれば、高齢者なども鉄道を利用しやすくなりますね。既存の考え方にとらわれず、幅広い視点で新技術を活かしながら鉄道各社は乗客確保に努めてほしいところです。