神戸市営地下鉄が阪急線に乗り入れるとどうなる?

神戸市交通局西神・山手線「西神中央」キーホルダー 電車グッズ

神戸市営地下鉄が阪急神戸線に乗り入れ検討推進へ

 神戸市営地下鉄が阪急神戸線に乗り入れる日が近づいているのかもしれません。以前から乗り入れ構想は存在したものの、神戸市が積極的な姿勢を示してこなかったことから、本格検討が先送りされていました。しかし、先日の神戸市長選挙で乗り入れ実現を公約に掲げた候補が当選したことから、乗り入れの実現性が高まりました。

 兵庫県南部エリアの鉄道の大半は、大阪市への通勤を支えています。JRは新快速を中心に速達性に優れていますし、阪急沿線も駅数の少なさから一定の速達性を確保しています。阪神電車は駅数の多さから駅チカ住民が多く、地域住民の通勤通学の足となっています。このほか、阪神と直通運転している山陽電鉄沿線からも、直通特急で大阪梅田まで乗り換えなしでアクセスすることができます。

 こうした実情を考えると、神戸市営地下鉄を利用するメリットが乏しいと言えるでしょう。神戸市中心部へのアクセスこそできるものの、大阪市へのアクセスには不便な路線となっているからです。市営地下鉄の利便性が不十分であれば、沿線人口の減少や市営地下鉄の採算悪化が懸念されます。神戸市としても、市の人口と市営地下鉄の収益を共に確保する上で、阪急神戸線への乗り入れを推進することになるようです。

神戸市営地下鉄沿線と大阪梅田間のアクセスが大幅改善へ

 乗り入れ構想が実現したとしても、実際に線路が敷設されて直通運転がスタートするのは10年以上先の話になりそうです。しかし、市営地下鉄沿線から大阪梅田へのアクセスが大幅に改善することになり、神戸市エリアの利便性は格段に高まるでしょう。

 また、通勤・通学ラッシュ時を中心に混雑が激しい神戸三宮駅の混雑緩和にもつながる可能性があります。市営地下鉄から阪急・阪神・JRに乗り変えていた層が、阪急直通列車に乗ったまま神戸三宮駅を通過するようになるからです。神戸市の主要駅である神戸三宮の混雑が緩和されれば、地下鉄沿線住民はもちろん、その他の神戸市民にも一定の恩恵があると言えるでしょう。

大規模な不動産開発促進で神戸市の人口増につながるか

 神戸市営地下鉄が阪急神戸線に乗り入れることとなれば、阪急神戸三宮駅とその付近の線路を地下化するなどの取り組みが実施される可能性があります。地下化が実現すれば地上空間に空きが出ますから、不動産開発が促進されると考えられます。

 神戸三宮エリアにはすでに商業施設などがあり、賑わいを見せています。しかし、インバウンド需要が高まっていることなどもあり、さらなる不動産開発を進めれば、より神戸エリアの魅力が高まるのではないでしょうか。

 魅力度が高まれば、神戸市の人口増につながります。例えば、大型商業施設がopenしたことをきっかけに、阪急西宮北口駅(西宮市)周辺が引っ越し先として人気を集めました。神戸三宮エリアでも同様の現象が起きれば、将来的に神戸市の人口増につながるでしょう。

 また、大阪への鉄道網に弱点があった市営地下鉄沿線の魅力も高まります。神戸市としては沿線人口を増やして税収を確保しつつ、地下鉄事業の採算も改善できるメリットがあります。高層マンションなどの立地が急速に進みやすい経済情勢の中で直通運転の推進が続けられるかに注目したいところです。

阪急ダイヤがさらに過密化するリスク

 神戸市にとって多くのメリットがある市営地下鉄の阪急神戸線乗り入れですが、課題もあります。

 最大の課題と言えるのは、阪急ダイヤの過密化でしょう。阪急神戸線は、沿線に神戸三宮・岡本・西宮北口といった多数の人口密集地を抱えています。そのため、ラッシュ時にはすでに大混雑となっています。神戸市営地下鉄からの乗り入れが実現すれば利用者数が伸びるでしょうから、増発が求められることになりますね。ただでさえ過密となっている阪急神戸線のダイヤは、神戸市営地下鉄からの直通列車を入れることでさらに過密度を増す可能性がありますね。

 直通運転が実現すれば、遠近分離の考え方を積極導入する必要があるのかな、と思います。直通する特急列車の停車駅を絞り込み、近年増えつつある阪急神戸線内の停車駅の多い特急を快速急行などの名称で格下げすることで、列車の混雑を分散させてほしいと思います。もっとも、そうなると待避設備の増加など阪急電鉄の設備投資がかさむのですが、市営地下鉄の乗り入れが実現すれば乗客増に伴う増収で回収できる投資ではないかと思います。