新幹線駅の利便性確保はどうすればいい?

日本の新幹線「全駅」COMPLETE DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ) | |本 | 通販 | Amazon

新幹線駅の設置が悲願の自治体も多い

現在、日本では新幹線ネットワークがかなり充実してきています。1964年に開通した東海道新幹線をはじめ、本州各地はもちろん、九州や北海道にも新幹線が走っています。また、長崎新幹線やリニア中央新幹線が建設中であり、北陸新幹線や北海道新幹線は延伸されることになっています。建設コストは膨大ですが、高速の鉄道網を整備することで特に空港がない地域は、東京をはじめとする大都市エリアへの移動が容易になります。人口流出の懸念が高まるなどのマイナス面もありますが、企業立地に期待できるなどのメリットも大きいです。

新幹線の建設には多額の費用がかかります。沿線自治体が費用の一部を負担するケースが多いことから、沿線自治体としてはぜひとも駅を設置して観光客の取り込みなどを図りたいところです。中には新幹線駅の設置が悲願、という自治体も少なくありません。実際、リニア中央新幹線の中間駅をめぐっては、「奈良市付近」とされた駅について距離の遠い京都市のほか、奈良市に隣接する大和郡山市や生駒市などが誘致に取り組んできています。

ただ、せっかく新幹線駅を誘致したとしても、駅の利便性が今一つであれば利用客は伸びません。都市中心部の在来線駅から距離が遠い場合は、下手にマイナーな新幹線駅を利用するよりも、メジャーな新幹線駅から乗り換えたほうがスムーズに移動しやすいことがあるからです。

在来線主要駅から遠い新幹線駅をチェック!

では、在来線主要駅から離れている新幹線駅を具体的に見てみましょう。

まず取り上げるのは、東海道新幹線の岐阜羽島駅です。岐阜羽島駅は駅名に「岐阜」とつくことから県庁所在都市の岐阜市に立地していると考えるかもしれません。確かに駅名が立地地域を表してはいるのですが、地域を表すのは「羽島」の方です。岐阜羽島駅は羽島市に位置します。そのため、岐阜市からのアクセスはやや不便ですね。

岐阜羽島駅には、在来線が乗り入れていません。鉄道でアクセスするなら、私鉄の名古屋鉄道を利用する必要があります。また、岐阜羽島駅は隣の名古屋駅と比べると停車する新幹線の本数がかなり少ないです。そのため、名古屋駅で在来線に乗り換えたほうが便利というケースもあります。岐阜羽島駅はせっかくできたものの、利用者数が決して多いとは言えないのが実状です。

近年新設された駅でも、在来線主要駅から遠いところがあります。北海道新幹線の現在の終点、新函館北斗駅です。岐阜羽島駅と同様、駅名が立地地域を表しているのですが、こちらも函館市ではなく、北斗市に位置します。函館市と北斗市は隣り合っていますが、函館市中心部からアクセスするとなるとやや不便です。

現在は終着駅のため、観光客が降り立つケースも多いでしょう。ただ、将来的に札幌まで延伸されれば、新函館北斗駅は単なる通過駅として利用が伸び悩むのではないでしょうか。新幹線駅を作ったからと言って、大きな経済効果が生まれるとは限らないのです。

新幹線駅へのアクセスはどうすべきか

せっかく駅を作ったのにアクセスが不便な新幹線駅は、上で取り上げた岐阜羽島駅や新函館北斗駅の他にもあります。アクセスを改善したいとはいえ、主要都市の中心部に近い位置に駅を作ろうとすると、新幹線の魅力である速達性が失われかねません。そこで、都市中心部から離れた駅ではアクセス手段を効果的に整備することが求められます。

アクセス整備にあたっては、快速バスなどのバス路線の整備が効果的と考えています。鉄道と比べて幅広いエリアで乗客を拾いやすいためです。バス路線については新幹線を運行するJR系列のJRバスに取り組んでもらいたいところですが、採算面を考えるとJRバスの路線が限られてしまうこともあるでしょう。そのため、地域のコミュニティバスを走らせてほしいと考えています。新幹線駅へのアクセスを改善できれば、地域に苦労して新幹線駅を誘致した甲斐が出てきます。コミュニティバスの利用者を見込みづらい場合は、地域の特産品を販売する店舗や市町村の出張窓口の設置などを新幹線駅周辺で行い、トータルで採算の取れる路線にしてほしいと思います。