東武日光線の陰に隠れるJR日光線の意義とは?

JR東日本 日光線 「日光」 キーホルダー 電車グッズ

日光へのアクセスは東武が圧倒的優位!

日光エリアには日光東照宮があるなどの理由で、全国各地から観光客が訪れます。東京からの場合は日帰りで訪問することも可能な立地です。近年は日本人だけでなく外国人観光客も日光に足を伸ばしているケースがあるようです。

日光に鉄道でアクセスする場合は、東武日光線の利用が便利です。東京エリアに住んでいる人なら、日光へ出かける際に鉄道を使うなら、東武の一択と考えている人が少なくないのではないかと思います。

ただ、実は日光へのアクセス鉄道は東武日光線の他に、JR日光線があります。JR日光線の方は影の薄い存在となっているようです。

東武日光線は、東武動物公園駅と東武日光駅を結ぶ路線です。東武動物公園駅へは東武スカイツリーラインを利用して東京都心部からアクセス可能です。スカイツリーと合わせて日光観光に出かけやすい路線網と言えるでしょう。

東武日光線は観光路線であり、郊外路線です。そのため、速達性が心配という人もいるでしょう。しかし、日光線にも急行が運転されており、停車駅もある程度絞り込まれています。そのため、東武スカイツリーライン・東武日光線を利用すれば都心部からでも快適に日光へアクセスできると言えるでしょう。

東武鉄道は郊外地域にも宇都宮線や鬼怒川線などの路線を抱えており、将来的な沿線人口の急減が懸念されます。しかし、東京都心部と郊外の観光地を結ぶ日光線を有していることから、郊外路線でも一定の収益を確保し続けられるのではないかと思います。

影の薄いJR日光線とは?

東武日光線が利便性の高い路線であることがわかりました。では、影が薄いとされたJR日光線はどのような路線なのかを見てみましょう。

JR日光線は宇都宮駅と日光駅を結んでいます。全区間が単線で運転されるため、運転本数や速達性には限りがあります。また、日光へアクセスする際に、栃木県の宇都宮市を経由するとなると遠回りになる地域が多いです。そのため、JR日光線は主として沿線住民が通勤・通学に利用する路線となっています。

つまり、JR日光線は沿線住民にとっては貴重な足ですが、観光需要を取り込むことは難しいと言えるでしょう。日中のダイヤは1時間に1本程度となっていることからも、観光需要を取り込むことはあまり期待していないことがわかります。

JR日光線の存在意義と将来性は?

人口減少が進みやすい地方部の通勤・通学鉄道で本数も少ないとなればJR日光線の存在意義が小さくなってしまいます。全国各地でローカル線の廃線が進んでいることを考えると、将来的には日光線もなくなってしまうのでしょうか。

東京都心から日光へ直接アクセスするとなれば、東武日光線に軍配が上がることは避けられません。そのため、JRとしては宇都宮市とタッグを組むなどして、宇都宮回りで観光を楽しむ層を増やすことが大切だと思います。

もちろん、JR日光線以外にもJR東日本には多数の路線があり、日光線ばかりをてこ入れすることは難しいでしょう。しかし、せっかく世界的に有名な観光地にアクセスできる路線を抱えているのにもかかわらず、土日でも日中の運転本数が1時間に1本とは寂しい限りです。なかなか魅力的な観光資源がほかに見当たらないという場合は、定番ですが観光列車を積極的に運行させるなどして、日光線の需要を高めてほしいと思います。

また、東京方面からのアクセスだけでなく、東北などから周遊してくる観光客の取り込みも重要です。数としては少なくなりますが、着実に需要を取り込めば1時間に1本が2本になるくらいの効果が表れる可能性があります。沿線自治体としても日光線が廃線・減便となれば人口減少に拍車がかかるでしょうから、JR日光線活性化への取り組みに前向きに協力してくれることでしょう。

観光需要の取り込みとなれば、豪華観光列車が人気を集めています。しかし、新たな設備投資が求められる豪華列車と異なり、空気の代わりに観光客を運ぶだけで赤字を縮小できる地方路線が全国には数多くあります。利用促進策を講じることが難しい路線もある中、沿線に強力な観光資源を抱えるJR日光線は、地方路線ながら増便できるくらいの観光客取り込みを進めてほしいです。