JR北海道のラッピングディーゼルカー「紫水号」に乗れました

経営が苦しくいろいろと行き詰まり感の出ているJR北海道ですが、少しずつ出来るところからあちこちで動きが出始めてもいます。

それらが芽を出して業績の改善に繋がるのはまだまだ先の話になると思いますが、「何かを始めた」というそのこと自体が大切だと思います。そういう小さなところから少しずつ閉塞感は改善されていくものだと思いますから。

さて、そんな最近のJR北海道が取った施策の中に既存のローカル専用ディーゼルカー、キハ40の2両を特別塗装とインテリアに改造した「紫水号」「山明号」があります。

このうち紫水号の方に、本当にたまたま乗車することが出来ましたので、簡単に列車の雰囲気をレポートします。

普通列車として運行

最初に紫水号と山明号の登場をニュースで見たときには、すべて観光列車としての運転に限る車両なのだと思いました。ですが、実際にはごくごく普通の普段の普通列車の車両として活用されているようです。

もちろん時々はイベント列車用の車両としてもかり出されているようですが。

著者がたまたま用事で苫小牧までJRで出かけてきたのですが、その帰りの旭川からの宗谷本線で紫水号を連結した2両編成の普通列車に当たった形ですね。

山明号の方も同じように普段は普通に各駅停車の列車に使われているようで、苫小牧に向かう際の特急電車の車窓からその姿を確認できました。

エクステリア・インテリア

紫水号、山明号ともに外観も内装もそれぞれのテーマに沿って改造が行なわれています。

紫水号の方をチェックしてみた感じでは、外装は基本塗装で模様とロゴの部分のみラッピングされている雰囲気でした。

屋根までしっかり色を乗せてありましたが、ディーゼルカーの悲しさでいずれは真っ黒になってしまうのがちょっと残念です。

内装は床と壁は濃いめの色合いの木目調に変更してありました。残念ながらリアルウッドではないのですが、雰囲気はガラッと変わって落ち着いた感じに仕上がっています。

シートは昔ながらのいわゆる「絶壁シート」のままですが通路側の手すりが撤去されていて、クッション部分は紫を基調として雪の結晶などのアクセントをあしらったものに変えられています。

また、背もたれ部分の頭がかかる箇所はリアルウッドのものに交換されています。

ちょっと頭が痛そうな気もしたのですが、このシートにしっかりと腰掛けると通常はシートバックに頭が触れないんですね。なので2時間近く座っていても全然気にはなりませんでした。

またシートバックの通路側角についている立っている乗客向けのグリップ、こちらも木製の丸い柔らかな雰囲気のものに交換されています。

恰好はとてもいいのですが、ちょっと厚みがあって握り心地は今ひとつ。ここはデザイン優先なのが少しだけ残念でした。

ただ、これも車内の雰囲気作りにはすごく役立っています。

遊び心

そしてこの車両で一番遊び心が発揮されているのは普段は隠れているサンシェードですね。紫水号に乗る機会があったら是非これは下ろしてみてください。

最近話題になって人気が出ている「シマエナガ」のイラストが入っているのです。見つけた人だけが笑顔になれるちょっとうれしいフィーチャーです。

紫水号、1両しかありませんので普通の列車として運行されていると言ってもなかなかぶつからないんじゃ、と思われるかもしれませんがそこはローカル線。元々の列車の総運行本数自体が限られています。

さらに特定の区間を往復で運行され続けているようでしたので、ダイヤを調べずに現地に出向いてもこの車両に当たる可能性は結構高いです。

走りこそ通常のキハ40と何ら変わるところはありませんが、インテリアの雰囲気からゆっくり列車旅を楽しむにはぴったりの車両になっていると思います。